俺の(好みの)歌を聴けぇえ!マクロス楽曲が一挙サブスク配信スタート

映画・アニメ・ドラマ

「NOアニソン、NO LIFE」なマトメレです。

そんなワタクシにズギューンと突き刺さるニュースが今週入ってきました。

いろいろな楽曲配信サブスクリプションサービスをお試ししてきて、今の所「Youtube Music」に落ち着いていたのですが、マクロス楽曲配信にYoutube Musicも含まれてました。これは嬉しい。

まさに、一気呵成という言葉にふさわしい大量投入全49作品、580曲
まぁ、ほとんどCD持ってるじゃないかって話ですが、トリビュート・アルバムとか、TVシリーズのサントラとか持ってないのも聴けるようになったので恩恵受けられる。

突然ですが、サブスク配信を記念して、マトメレ的オススメ楽曲をご紹介。
スーパーミラクルハイパーウルトラ個人的フェイバリットソングス、

空前絶後のカッコよさ!『INFORMATION HIGH』

まずはマクロスプラスから。

この曲が使われているのは、物語終盤の敵拠点(まぁ地球ですね)の大気圏外にフォールドアウトしてきたイサムさんが、大気圏突入するスピード感満載シーンのBGMになってた曲。
CDを死ぬほど聴いた。

セツナカッコイイ!『AXIA~ダイスキでダイキライ~ 』

マクロスΔ(デルタ)から。なんか、デルタの曲っていうよりも”ワルキューレ”って呼ぶのが自然な感じになっている。

劇中、メッサー少尉が文字通りの死闘を繰り広げているシーンで、決意と共にカナメさんが歌う、まさに”THEマクロス”なシチュエーションで流れる切ない曲。通勤中、ずっとリピートしてしまう。

局面を打開せよ!『アクション』

無印マクロスのサウンドトラックといえば羽田健太郎大先生の珠玉の名曲揃いですが、戦闘曲も印象深い。代表的なところでは「ドッグ・ファイター」が一番に思い浮かびますが、マクロス砲発射したくなる「総攻撃」とかもイイ!

個人的には不利な局面を打開するシーンのイメージがある「アクション」をなんとなく推しておきたい。白熱する戦闘の直前の息吹が感じられる。

90年代の雰囲気|『de・ja・vu~そばにいて』

マクロスIIのED曲。マクロスファンの中でもドマイナー曲、だろう。90年代前半に作られた作品ということで音作りに当時のJ-POPの粋なテイストが込められていて、この曲が好きです。OPの「2億年前のように静かだね」も元気があって良いのですが、あえてのEDで。

メジャー曲をオールインワン!『娘々サービスメドレー』

ここまで、お気に入りの有名曲が入ってないと憤慨されている方もいるかもしれませんが、そんなアナタもにっこりできる超時空シンデレラさんの名曲メドレーも入れておきますネ(突然の媚び)。

魂を揺さぶるまさに神曲!『マクロスプラス』から2曲

なんか、マクロス楽曲の話をしていると止まらなくなるので、そろそろ締めにかかります。マクロスカラオケ行きたい。

どうしても書いておかねばならないのが、最初の紹介曲でも出てきた「マクロス プラス」から、とっておきを2曲。劇中で重要な役回りで出てくる曲なので印象も残っていると思われる。

1曲めはヒロインであるところのミュンを象徴する「VOICES」。ワタシの菅野よう子大先生との出会いはまさにこの曲でした。天才っているんだなって衝撃を受けた。

2曲めは文字通りの洗脳ソング「WANNA BE AN ANGEL」。こいつも衝撃が凄かった。最初の2秒の”圧”でこの曲を超える楽曲を知らない。

今回のラインナップをあらためて見ると、まだ未見の作品がいくつか残っているのを思い出した。やはり作品の中で曲と出会って、こんな使われ方すんのかーっと仰け反ってからヘビロテしていきたい。やっぱりマクロス楽曲って、ストーリーや演出との一体感がエモいのだと再発見した次第。

タイトルとURLをコピーしました