機動強襲型令嬢アリシア物語1 ~始まりは渾身の右ストレート~ Kindle版

5.0
KindleUnlimitedで読んだ本_機動強襲型令嬢アリシア物語1 ~始まりは渾身の右ストレート~ Kindle Unlimitedで読み放題

おはようございます。マトメレです。
突然始まりました、読書感想文コーナー「Kindle Unlimitedで読み放題」。
すでに数年間、Unlimitedを使ってますが、雑誌やラノベをぱらぱら読み流すだけのもったいない使い方になっているので、備忘録替わりにブログ書こうと思った次第。

さて、第1回で取り上げるのは、「機動強襲型令嬢アリシア物語1 ~始まりは渾身の右ストレート~ Kindle版」です。うん、タイトル長いネ。

この物語、Web版、書籍刊行版などいくつかバージョンあるのですが、Unlimitedで読めるのは「Kindle版」。amazonレビューなど見ますと、書籍版よりも「濃い」らしい。最終巻4巻のあとがきは、Kindle Unlimitedユーザーにとって興味深いお話が書いてあるので、ぜひ読んでもらいたい。

Kindle版の表紙を見よ!THE 自費出版の構え。

これは超絶不安になる。
不安なのだが、レビューは★4.7もあったので、ものは試しと読んでみた。

そしたら大当たりでした。読み始めたら、もう止まらない。
ハマる人にはハマる。間違いない。
表紙の「機動強襲型令嬢」ってパワーワードにフッキングされる人種ならば、訓練されたラノベ読みだから心配も杞憂だろうけど。

物書きの経験あると共感してもらえると思うのだが、作者さんの才能には嫉妬しかないね。
語彙力もさることながら、ネットスラングのようなライトの極致から、文芸歴史小説で出てくるような重厚な単語もごった煮にして、勢いで突っ走るスタイル。疾走感にあおられて、読むのを止めるタイミングが無いぃ。

ストーリーや舞台設定は、安定した地盤の役割。どっしりと構えて、キャラクターがドタバタするのを受け止めてくれている。
設定マニアを拗らせた的な読みづらさもなく、安心して脳みそ空っぽにして読める。活字ドラッグ!

Unlimitedはラノベスキーも愛用していると思いますが、未読の方はぜひ読んでみていただきたい。

タイトルとURLをコピーしました