楽天Unlimit0円終了。乗り換え先の検討中

楽天モバイルMNP乗り換え考 実録|楽天UNLIMIT

7/1に料金改定!そろそろ本気で対策を考える

楽天モバイルさんにはUnlimit開始時の1年間無料から始まり、現時点のパケット1GBまでは0円の期間中、なかなか楽しみながら人柱をさせていただきました。

困りごとを乗り越えながら、それでいて0円で使えるという魅力を満喫。
スムーズに使えたわけじゃないけれども、インターネッツの力を借りて集合知で運用できたので後悔はしていない。

最初のSMS認証がauローミング回線では通らず、楽天純正の電波を掴むために自転車で徘徊したのもいい思い出だ。

あれから約2年経過し、ある意味安定運用に至っていたものの、先日の料金改定で0円運用がなくなるアナウンスを機に乗り換えを決意した次第。楽天さんにはこれまで大いにお世話になったお礼を述べたいと思う。ありがとうございました。

ありがたがりつつも、楽天モバイルからおさらばすることに特に迷いはない。
だって、つながらない場所が多すぎてメイン回線として運用できないもの。特に都心のビル中とかどうにもならんので、迷ったり・悩んだりしない。

現時点の楽天Unlimit0円を軸にした快適環境

【SIM1】楽天0円を通話に+【SIM2】パケット回線 nuroモバイル(ドコモ網)の併用で運用。
これでトータルの通信費を抑制してきた。
これが、楽天側が約1000円/月かかってくるとメリット皆無になる。悲しい。

なお、SIM2側のパケット回線は結構試行錯誤していて、遍歴がいろいろあった。

楽天0円 + OCNモバイルONE(ミュージックカウントフリー)

通勤時のパケット消費量が最も多かったのが、通勤時の音楽用だったのでミュージックカウントフリーのオプションは魅力的だったが、コロナ禍でのテレワーク化で出勤がほとんどなくなったのと、カウントフリー対象だったGoogle Playが対象外のYoutube Musicに統合された不運が重なって利用を打ち切った。

楽天0円 + HISモバイル

楽天Unlimitスタート当初の1年間無料期間の運用方針は、パケットをバリバリ楽天側で使いつつ、電波が入りにくい場合の保険として最安値クラスのドコモ回線(+SMS)が欲しかったことによる。

別記事で書いてるんだけど、当時、楽天モバイルでのSMSがうまく届かない現象に悩まされていて、楽天回線以外でSMSを確保する必要に迫られていたことも大きい。

楽天0円 + mineo パケット放題Plus(最大1.5Mbps)

楽天Unlimitの無料期間が満了後、パケット1GBまでは0円になった頃に見直し。

1.5Mbpsで使い放題に惹かれて使い始めたものの、正直ビミョーな感じでした。
確かに1.5Mbpsは最低限の実用性は備えていたものの、快適とは言い難くとくにブラウザでのブラウジングは待たされる感じがストレスだった。

コスト削減も大事だがストレスを感じるほど遅いのはダメだという教訓を得た。

楽天0円 + nuroモバイル

現状、特に困っておらず安定運用できている。
速度面で特に不満もなく、楽天が0円のままであれば、この組み合わせで継続していたのではないかと思われる。

楽天UnlimitからのMNP先の最有力候補は「nuroモバイル」!?

前述の通り、現状のnuroモバイルのパケット回線に不満が無いので、楽天モバイルのSIMにくっついているメインの電話番号をMNPするなら、やっぱりnuroモバイルというのが現時点での考えになる。

ただ、nuroモバイルも完璧ではなく、他回線に見劣りする点もあるので他社のキャンペーン等の出方によっては優位が揺らぐ可能性もある。

nuroモバイルの残念ポイント①「欲しい端末在庫がない」

MNP転入と言えば端末を値引き購入できるチャンスなわけですが、nuroモバイルさんは端末ラインナップがやや貧弱。その上、人気機種は在庫無しになっている。

他のMVNO大手で欲しい端末の在庫があったら、そっちに流れるかもしれない・・・。

nuroモバイルの残念ポイント②「初期費用かかる」

契約したい基本料金が安い通話プランだと、初期費用がかかる。
半年ぐらい前にnuroさんに払ったばっかりなので、もう一回払うのはなんかイヤw

一応、上位のNEOプランだと初期費用が割引だったはずなんだが、結局のところ長い目でみてお得に思えないし、いま直ぐMNPしなくちゃ、というマインドになれない。

結論:6月中は頑張って見極める

6月のアクションは、大手のMVNOでフラッグシップモデルスマホの在庫持っているところのウォッチ継続になりそう。

焦って動かずともよいので、しっかり見極める!

タイトルとURLをコピーしました